東大阪のバイク販売店-モーターサイクルショップ・ニュートン

ワクワクする気持ちを大切にしたい モーターサイクルショップ・ニュートン TEL/FAX06-6746-9111 大阪府東大阪市楠根3-2-47

盗難保険&ロードサービス


バイク盗難保険。正確には「盗難補償」といいます。
でも、なんとなくのイメージはあるけれど、内容のほうはというと、よくは知らないというのがほとんどの方ではないでしょうか。

盗難保険とは、バイクが盗まれるという被害にあった際に、新しいバイクの購入代金あるいは見つかったバイクの修理代金を補償するというサービスのことなんですね。

ただ、盗難保険を扱っている会社は複数ありますし、どこの会社の盗難保険を選ぶかにより、サービス内容には大きな差異がありますので、十分な検討が必要かと考えます。

JBRの盗難保険

ニュートンがお客様に自信を持ってオススメしている盗難保険は、JBRの盗難保険です。
2010年にJBRのバイク盗難補償と統合されて、ロードサービスをベースとして、それに盗難保険を付加する形式でのサービスとなりました。

バイクよくばりあんしん倶楽部

ニュートンがJBRの盗難保険をオススメする主な理由は、

1.車種を選ばず加入できる
2.中古車でも加入できる
3.カスタムパーツの盗難も補償される
4.補償の上限が細かく分類されている

という、4つのポイントです。

国内バイクメーカーもそれぞれ、ユーザー向けに独自の盗難保険サービスを提供していますが、そのメーカーのバイク限定になりますし、中古車は対象からはずされています。

かたや、バイクメーカー以外の企業が提供する盗難保険はといえば、カスタムパーツの盗難が対象外だったりします。

予想以上に、対応範囲が狭いのが現実なんですね。

補償プラン

料金には、ベースとなるベーシックプランが3タイプあります。

このベーシックプランに、グレードアッププランを付加して盗難補償を付け加えます。

たとえば、2011年12月現在の、PCX(125cc)2011年式新車納車の査定額は、280,000円でした。

オプション20だと上限額の20万円が限度ですが、オプション30なら上限額が30万円なので、28万円満額が補償されます。

追加年会費の差は、4,000円です。
4,000円の差なら、オプション30を選択するほうが得策のように思います。バイクの査定額が22万円とか23万円なら、オプション20で納得できそうです。

ひとつ注意すべきは、盗難補償は普通の保険と違い、加入しているバイクが一度盗難に遭って補償を受けた時点で、いったん契約が終了になるという点です。
引き続き盗難補償のサービスを希望される場合には、再契約を行う必要があります。

そして、補償を受ける条件として、盗難被害時にハンドルロック及びホイールロック(盗難防止用品)がされていたこと、盗難発生から10日以内に警察へ届出されていることなど、いくつかの規定が設けられていますので、契約前に規約にしっかり目を通すことが重要です。