東大阪のバイク販売店-モーターサイクルショップ・ニュートン

ワクワクする気持ちを大切にしたい モーターサイクルショップ・ニュートン TEL/FAX06-6746-9111 大阪府東大阪市楠根3-2-47

マキシスカップ第2戦 富山大会行ってきました!


20468026379_951b304713_o

富山コスモスポーツランドで行われた
「マキシスカップ 第二戦」行ってきました!

初めて行くコースだけに楽しみと楽しみでいっぱいや~
(楽しみしか無い)
不安なのはバイクにあまり乗っていないだけ?

大阪から約5時間ぐらいかけてゆっくりペースで到着。
富山インターから20分程でコースへ。
温泉・スーパーも割と近くにあり便利な場所です。

亜熱帯の大阪を抜け、たどりついたコスモは爽やかでした。
朝夕のブヨがいる時間が恐怖なのですが・・・・。

対策をしていけば凌げるのでお出かけの際はハッカ油など
虫よけと長ズボンや靴下を忘れずに!

コスモと言えばYSP富山東様、WRパワーレーシング様のホームコース!
真田さん、丸山さん、高田さん、阪下やJNCC・JECで
お見かけする方々ばかりなのでアウェー感がゼロ!
やさしく迎えて頂きました。感激です。
しかも、吉川選手・鈴木健二選手も当日マーシャル参加!
YZ250X・YZ250FXの試乗会などレース以外でも盛りだくさんです。
なんと豪華なイベント「すごいぞ!マキシスカップ!」

レース前日入りだったので余裕を持って今回は準備、試走することもできました。
初めて走るコースは不安なので大変助かりました。

コスモ会場で数年ぶりのレースと言う事もあり早い時期から開拓・整備し
真田さん初めスタッフの皆様が気合と愛情が込められたフルコースです。
ワクワクが止まりません。顔がにやけますね。
感謝・感激です。

クラブハウスや駐車できる広場から山坂を登ってゆくと
モトクロスコースが現れます。
その周りをかなり広範囲に林道・ウッズが広がりそれをつなぎ合わせると
広大な距離となっています。

レース前日の走行を息子も最初は戸惑いながらもKX65で
モトクロコースを楽しんでました。
丁度、午前中の雨も渇き埃も立たずベスコンでした!

モトクロスコースは適度な高低差があり大阪ではライダースパーク生駒が
似ているかもしれません。(私個人の感想)

一周が2分前後なので走りごたえもある距離。登りのジャンプが気持ちいい!
雨が降ったら滑りやすいところもあるので油断はできませんが
気持ちよくアクセルが開けれます!
タイムアタックも盛り上がる訳ですね。

後半はエンデューロコースを走行。ここも面白い!
林道はリズムよく走行でき走りやすく
ウッズセクションはクロスカンントリーレースで見かける
難儀しそうな場所があって楽に上がれるラインもありますが
順位を上げる為に速く走るにはチャレンジしなければならないラインもあり
上手な人との差が出るようになっていました。

もちろん~! 僕は確実な軟弱ラインを選択しましたが・・・。
あかん奴ですわ。

こういうポイントで練習し確実に逝けるラインを増やすことが重要なんですね。
クロスカントリーでライバルを出し抜くポイントですね。
解ってるんですが・・・。

どろみも途中で一緒に走行しましたがCクラスのレースで使わなかった所も走行し
結果良い練習になりました。 草むらに途中刺さりましたが・・・。

走行終了後、片づけからの温泉~宴会。レース前の緊張はどこえやら?
YSP富山東様の社長さんと恐縮ながらバイク屋話も出来て大満足でした。

☆ レース当日

車検やライダーミーティングを済ましタイムアタックレースのスタートです。

午前はタイムアタック。
午後はクロスカンントリーの耐久レースの二本立てがこのレースの特徴。

Cクラスが先ず40分~50分程の規定時間内でベストラップを目指します。

その後はA・Bクラスがタイムアタック。
ここでの成績が総合順位のポイントに大きく関わります。
スプリントが得意な選手はここで勝負をかけます。

ここで、真田選手、吉川選手、鈴木選手のタイムアタックも行われ
会場は盛り上がります。

午後からのクロスカントリーがあるため体力も温存せねばと思う所ですが
順位やタイムがリアルタイムで表示されるのでここで
「負けず嫌い選手権」が勃発!
タイムに一喜一憂し笑いと一体感が生まれます。会場はヒートアップ!!!

2周前後走り休憩~走行。のリズムで挑みましたが・・・
真剣に走ると腕がパンパン。
周りの選手と絡まないようにうまくタイム計測のラインを通過し
周回するのが難しいです。
しかもちょっとブレーキングを失敗すると簡単に1、2秒変わります。
一番良いタイムはうまくまとまってテンパらない時にしっかりベストがでます。
賢く走らないとだめですね。勢いだけじゃ~ね。
上手く実力通りしか出ないようになってます。
一発ホームランは出にくいと言えます。

なんか、FIの決勝グリッドを決める争いの様で、楽しいです。

何とか1分57秒から55秒、
最終的には51秒を出せたので初めてのコスモで乗り始めて
3回目のFXであればまずまずの結果なので怪我をする前に撤退です。

健二さんの市販トレールのWRーRで走ってあのタイムにはびっくりでした。
神です。 スーパーサイヤ人ゴッドです。はい。

午後のクロスカントリーレース前のお楽しみ!
「YZ250X」と「YZ250FX」の試乗会です。

ここで250Xに試走。勝手にレポート!

キック一発始動!軽い!FXよりもダントツ軽い(当たり前や)
ガソリン空とマフラーを外して付いていないぐらいの差はありそうです。

高めのギアーに入れても低速でぎくしゃくしない。モリモリ走る!
でも開けたらはじけるパワーでかっ飛んで行きます!無敵です。
モトクロッサーより明らかに懐の深いマシーンになっています。

私ぐらいの実力でもいきなり乗れそうぐらい出来上がっているバイクです。
決してエキスパートだけのマシーンではなさそうです。
乗りこなした暁には表彰台がまってるぜ~ってなナイスな相棒です。

個人的な意見ですが125はナンボ言っても忙しくギアチェンジしないと
速く走れない感じがします。上手く乗れない・・・。
が250は楽ちんです。パワーを出し切らなくても
十分戦闘力を引き出せますよ
きっと?しらんけど?

ヤマハさんまた迷うバイクを作りましたね・・・。

12時からCクラスのスタートです。
順調にドロみ選手も周回。阪下でおなじみの選手も頑張っています。
しばしここではカメラマンです。

さすがにレース前にばてるわけにもゆかず奥まではいけませんでしたが
熱い中、皆さんがまんして頑張りました!
無事、怪我なくゴール!
皆さん戦い終えて満足な顔です!

20660744791_7dc670e3c7_o

2時からはA・Bクラスの2時間クロスカントリーです。
Cでは使わなかった。ウッズとヒルクライム・激坂があり
難易度が上がります。

クラスごとの一斉スタートです。
私は実力をわきまえているので?Aクラス最後尾からスタートです。
完走第一の私は1周目は下見ラップです。

モトクロスコースの脇から林道へ、狭いけど走りやすい
トレールを走ります。
しばらく走ると舗装路が一瞬現れウッズセクションへ入ります。
ここは下見をしていませんでした。
早速後悔「下見しときゃ良かった・・・・。」

あみだくじの式にウッズ森林を縫うように轍を走ります。
薄暗くて見えにくいです。
運に任せてクリアーしますが・・・。
ヒルクライム失敗。立て直し別の簡単なラインで再挑戦です。

何度かひっかかりながらもウッズ地帯を抜けます。

この後、がれたトレールや登り下りを繰り返し
ヒルクライムゾーンに来ます。

天候が回復したため岩盤はグリップし結果ほぼどのラインでも
登れましたがここでもライン選びで差ができます。
右・左・真ん中?
ライバルを追い抜くには1本だけでなく2本、3本とどのラインでも
登れるようにしなければなりません。
同じラインで詰まってしまえば・・・チャンスが無くなります。

ここでも今回初レースのYZ250FXが実力を発揮。
力強くトラクションしグリップしぐんぐん登ります。
体に合わせZETA製のローダウンリンクに交換し
足つきが向上したのが功を奏し転倒の回数も少なく
すみました。

前日の走行でパワーチューナーのセッティングに迷いましたが、
天候が良かったのでトルク仕様にしたおかげで鬼グリップ!
大正解でした。
阪下で一回しか乗っていなかったのにすっかり乗るほどにレース中に
慣れてきました。まだまだ突き詰めればレースを優位にできるので
チューナーをいろいろテストしなければ~!

グイグイ障害物を頼もしく超えてゆく感覚は初めて「XR250R」ME06に
乗った時の様でした。
僕のオフロード人生の中で大きく時代が変わったあの新しい感覚を
手に入れたのを思い出しました。(おおげさですが・・・)
進化の過程を目撃!!!
凄いぜ日本の物造り! しかも安いときたもんだ!

やばい・・・・。
再来月資格試験なのに乗りたくなってまうわ~(笑)FXすごい~。

買い損ねた人は是非!予約をお早めに!(まだ発表は先になりそうですが)

急な下りで石ゴロゴロを抜ければモトクロスコース横を通りぬけ
パドック地点に戻ってきました。

そんな感じで相変わらずウッズではぼてゴケを何回か繰り返し・・・・
1時間経過。

ここでピットに一度もどり頭から氷水をかぶります。
意識がもうろうとしてきたので・・・こればやばい!

早めにかぶったおかげで急回復! 集中力を復活させ事なきを得ました。

くまもん、どらさんも途中で何度か会いがんばる姿で元気を頂き
残りを良いペースで走り切りました。
諦めずに頑張る気持ちが大事!でも無理は禁物。
この季節は熱中症があるので。

最後の周では1つ順位を上げ、久々のレースと初めてのFXレースとしては
良い結果だったと思います。

これからFXを乗り込むほどにきっと速く走れそうな感触を得ることができ
収穫の多いマキシスカップでした。

豪華賞品の表彰式~片づけ~温泉~宴会。後夜祭がまた豪華で楽しい!!

宴会のお話は参加した人の特権! ひ・み・つ・・・・・。

うちの息子は健二さんにかわいがってもらい終始緊張・・。
本当に恐縮です。ありがとうございました!!!

「緊張したわ・・・」と言いながら夏の大きな思い出になったとさ。
バイクの練習も頑張るようになったら(笑)

こんな楽しいマキシスカップ富山大会は来年10月開催予定との事です。
是非今度も関西から沢山乗り込みましょう~!!!

そして、今年の第三回マキシスカップ阪下大会は10月4日開催です!
こちらもお忘れなく!参加しましょうね~!!!

長々と書きましたが・・・。

楽しい夏の思い出をありがとうございました!!!

マキシスカップ最高~ 富山最高~ ヤマハ最高~ !!!!