東大阪のバイク販売店-モーターサイクルショップ・ニュートン

ワクワクする気持ちを大切にしたい モーターサイクルショップ・ニュートン TEL/FAX06-6746-9111 大阪府東大阪市楠根3-2-47

3月15日 AJP試乗会 レポート!!


3月15日にプラザ阪下AJPジャパン様のご厚意より試乗車をお借りし関西地区で
初めての試乗会を実施いたしました!
簡単に当日のレポートさせていただきます。

JNCC後の土曜日で少し一般のお客様が少なかったのですが、
HPやFB・ブログで情報を見つけ駆けつけて
頂いたお客様もおられ注目の高さが伺えました。

試乗は、ほぼ終了時間までフル稼働。

購入の希望のお客様。阪下の常連さん。ミニモトのスペシャリストさん。
女性のお客様。沢山のお客さんに乗ってもらい。
更に興味を持ってもらいました。

試乗会でみなさんに人気だったのがPR-3ミニホイール仕様
フロント19インチ・リアーが16インチで丁度、モトクロッサー85のラージホイールサイズと同じ)車体・足回り・パワーが高次元でバランスしておりフルスケール(フロント21インチ・リアー18インチ)が難しいお客様には他に対抗する車種が今までにあまり無かったため心ひかれたようです。

240のエンジンパワーは必要十分でこの手のバイクは125CC・4サイクルが搭載されているの事が多く非力なイメージです。
(小型で乗れるということで維持費や日本の排気量区分けで125になる。200以上は少ない)
AJPの特徴でもあるセレクト方式で車両を注文することが出来、125と240をエンジン選べるが面白い!
今回の試乗車は240!この心臓があれば不満はないです。グイグイと前に押し出す力は頼もしい限りです。
維持費の問題がなければ断然240!!!

※ コンペで乗る場合は排気量は関係ないですね。公道走行仕様でお乗りの方のみ
排気量の区分で大きく変わります。

足回り、フロントはマルゾッキの倒立フォークザックのリアサスも硬すぎずよく動き
十分にストローク量があるので同クラスのバイクの様に破綻することは無いです。
足回りもセレクトでき今回はF/Rともフルアジャストできるグレード

(チャレンジグレード)です。
DR125 CRF150 TT-R125 などのサスとは明らかに全く別物です!
安心して攻めたり、やんちゃしたり出来ます!
RM85・CRF150Rの様にジャンプを飛ぶモトクロスバイクの強固なサスとも違う

。EDレースのような長丁場にはぴったりの足です。
初心者のお客様にも安心して乗っていただけるのは勿論、エキスパートをもうならせる
懐の深さももっています。

もう一台はPR-4・トレールスペシャル
(コース走行よりも山などでフリーライドでの使い勝手を考えたモデル)
足付をよくしたり・トライアルタイヤを装着している発売予定の試作車両を

用意いして頂きました。

普通のEDレーサーと比べキャスターが立っている印象。コース走行よりもツーリング先のトレッキングでよく切れるハンドルは威力を発揮しそうでした。
車体も軽量・バイクの幅も細くコンパクトでスパルタンな印象がないので恐怖感はありません。
シートや足回り、エンジンのフィーリングすべてが柔らかで尖がっていない。レーサーモデルとは違う方向。

優しくイージーな性格は乗り手にストレスを与えないので長く乗れそうです。

試作車両は200CCだったので非力な感じは否めませんが発売は240CCエンジンになるらしいので
問題はなさそうです。
125CCもありですが断然エンジンは240がお勧めなのは両方に言えそうです。
(てんちょ個人の意見です)

PR-4はXR200 TT-R230などのファンバイクを進化させたらこんな風になるのではないか?
と思わせる長く気軽に付き合えるバイクです。
日本車にも昔はファンバイクがあったんやけどな~。

これからオフを! 久々にオフを! と言うお客様に本当にお勧めですね。

シート下にガソリンタンクやアルミとスチールのハイブリットフレーム・オイルクーラーの装備など
所有感を満たす部分が多いのも魅力!
まだまだ伝えたいことがいっぱいですが・・・疑問点があればニュートンまでお気軽にお問い合わせ
くださいね~!

しかし何よりもAJPを乗り終わった後のライダーの笑顔が何よりも

このバイク魅力を語っていますね。

また機会がありましたら是非、試乗をしてみて下さいね!
沢山の試乗ありがとうございました!