東大阪のバイク販売店-モーターサイクルショップ・ニュートン

ワクワクする気持ちを大切にしたい モーターサイクルショップ・ニュートン TEL/FAX06-6746-9111 大阪府東大阪市楠根3-2-47

「2012 ロクフェス」レポート!


 お待たせしました!今年で開催4回目!夏の締めくくりとして、すっかり恒例となった6時間耐久エンデューロ「ロク フェスティバル」レポートです。


9月2日(日)、プラザ阪下での朝6時過ぎ。
パドックの用意などしていると、「ひょっとして、ひと雨来る?!」と思えるくらいの、どんより曇り空です。

今年の新しい試みとして、朝イチは各チームの代表で、「タイムアタック」!
順位のいい方から有利なグリッド…ルマン式なので山側へ…並ぶことが出来ます。

「てんちょ、どうしよう~。ぼく、目立ってしまうわ~^▽^」

黙って速けりゃもっとカッコイイのに!と言いたいところですが(笑)、有言実行なかみのくんはこの後、50台中、堂々の3位タイムをたたき出します。ずるいほどカッコイイじゃないか^▽^!
そして、ずばりクラス優勝を狙う「チーム夏だけニュートン」、幸先がイイみたい!

 

そしていよいよ、長く暑い6時間が始まりました。泣いても笑っても今年の夏はこれで終わり!
では今年も出場チーム別に、様子をのぞいてみましょう。

ツインズ(男子)クラス♯53 百野&後藤組 KDX125SR

☆クラス8位 / 13台中 ☆総合31位 / 50台中 ☆総周回数48周

予選のタイムアタックと第一ライダーは、後藤さんが務めます。

いつもスタタタ…と忍者のように速い後藤さんがスタートし、約1時間。
第二ライダーの百野さんに交代です。
 

その第二ライダーの百野さん、実は今年のニュートン盆ツー・林道内で、雨ふり後の岩に乗り上げてすべって転び、内出血したスネが悪化。
この日も左足はブーツの中で、包帯ぐるぐる巻きだったんです。

「走りだすと忘れてたんですよね~」。よく頑張りました!!

この後順調に、仲良く交代して2回ずつ走行…が!午後1:30をまわり、2度目の走行を終えて百野さんがピットで見たものは…

ウェアを脱いでベンチにすやすやと眠っている後藤さんなのであった(笑)!!
(画像がなくて残念です)

その後心を入れ替えた(?)後藤さんは、百野さんの怪我をいたわって、ゴールまでトータル約4時間の激走!
でも気づくと、KDX125SRに付いていたはずのサイレンサーが「脱落」しているではないですか!
静かすぎて…気付かなかったよ…。
そして、ゴールまで40分というところまで来て、後藤さんの足が左右ともに攣ってしまう!というハプニングが襲います。

百野さん、怪我を押しての出場、お疲れ様でした。
それにしても、相方は寝てるし(笑)、サイレンサーは落とすし、足が攣るし…。昨年のようなパンク事件はなかったものの、色々なハプニングを乗り越えてのゴール、お見事でした!

来年はMさんが復活して、激戦「3人衆」クラスでエントリー予定だそうです。
がんばってくださいね、くま…もん(笑)?

 

ツインズ(女子)クラス♯72 高橋(比)&硯 組 RM85L

☆クラス優勝 / 2台中 ☆総合24位 / 50台中 ☆総周回数53周

おかみんとゆきちゃんのRM85L繋がりのコンビが、CRF150Rを駆るツワモノ・ベテラン女子チームに勝つのはかなりキビシイかも!?と、誰もが思ったはず…が!そこは何が起こるか分からない耐久レース!
スタート後1時間経たないうちに、ライバルチームのマシントラブルが発生。

この時4周差を付けてリードすることになり、きっちり逃げ切ればイケるかもしれない!という望みが出て来ます。「このまま逃げ切りたい!」。

それでも隣のテントにいる相手チームにも火が付いたのか、猛スピードの追い上げ!4周あった差が、3周…2周…とじわじわ縮まって来ます。

初め、ゆきちゃんが1時間、おかみんが40分で交代していたペースも、途中から、ゆきちゃんに頑張ってもらう分、おかみんが間をつないで「ゆきちゃんの休憩時間を稼ぐ!」という作戦に変更。
最後など、1時間20分走ったゆきちゃんの後におかみんが1周し、またゆきちゃんがゴールまで逃げる!形でゴール!

最終周、ゴール手前でライバルチームに抜かれてしまい、とうとう1周差まで追いつかれました。
途中、抜かれたのか、抜かれてないのか?ライバルチームとの「周回差」が分からなくなってしまっていた二人は「最後の最後で負けた…」と思い、ゴール後、悔し泣き。

が、その後、実はまだ1周差があり優勝していたことが発覚!
お互いスリル満点だったライバルチームとの「女子トーク」は尽きるところがないのでした…。

  ☆チーム内の詳しい様子は、ニュートンおかみんブログ「走れ!!ドロみちゃん♪」をどうぞ。

3人衆クラス♯103 高橋(信)・神農・戸高 組 ファンティックTF250ES

☆クラス2位 / 11台中 ☆総合3位 / 50台中 ☆総周回数63周

 昨年はトップ争いを続け、4時間経過時点でCR125のマシントラブル。涙をのんだ「夏だけニュートン」チーム。
今年はてんちょの愛車でリベンジを誓います。ファンティックのブースでパチリ!
スポンサー付き?!

第一ライダー・かみの君は好調に飛ばし、トップ争いをキープ!速さとパフォーマンスを兼ね備えた、「オレの走りを見ろ!」的な走りが魅力です。

 

第二ライダー・トッティも、先輩かみの君の流れを組み、しっかりと繋ぎます。

 

日高2Daysを3週間後に控え、愛車を投入のてんちょも、思い入れは並々でないのだ!

そして因縁の4時間が経過。交代してトッティが出走しようとしたところ…ファンティックのエンジンがかからない!!

「う、うそやろ…」

 

原因はなんと、Rサスペンションのトップボルト外れ!
ボルトが外れたことで、サスとフレームの間に配線を挟みエンジンがかからなくなっていました。

 

急きょ、吉川選手のマシンからボルトをもらい、再出走!
よかった・・・去年の悪夢が再来するのかと、誰もがひやりとしたはず。

このトラブルで、総合5位まで遅れを取ったものの、怒涛の追い上げで最終的に総合3位まで食い込む!さすが「夏だけニュートン」!


昨年の悔しさを生かし、「結果を出す!!」目標を、達成出来たのではないでしょうか?

来年こそは「真ん中」を狙いますか?!「若手二人ばかりに頼ってはいられない!」こっそりと体力づくりを誓う「てんちょ」なのでした…。

 ☆「夏だけニュートン」チーム内の、詳しい様子は「ニュートンてんちょのブログ」へどうぞ。

4人組クラス♯202 川上・松本・片桐・金川 組 WR250F

☆クラス優勝 / 5台中 ☆総合11位 / 50台中 ☆総周回数58周

みごとクラス優勝を飾ったものの、ニュートンからのエントリー4チームの中でいちばんユルいムード満点に見えたのが、この4人です。

クラストップを走っているコトも、周りから言われて「え?そうなん?!」と驚くほど!…んもう~、こっちがびっくりです(笑)!
さすが百戦錬磨のベテランは、余裕が違いますね。

だけど走りは熱々な、面々なんです!

第一ライダーであり自らマシンを提供の、スタッフ・ちょめさんは、先週JNCC月山で、川をわたってきたばかり。

第二ライダー金ちゃん、「がんばるつもりありませんから^▽^」。肩の力の抜け具合はピカイチ?!なんでもそつなくこなしちゃうんだからー!

3番目に登場したのは「しっぽ」さん。背中にしっぽが付いてるんですよ。このしっぽに何度も追い抜かれた苦い経歴を持つ方も多いのでは?!

 

そして4人を締めくくるのは、前夜祭でぴょんぴょん飛び跳ねていた(笑)、チームいちばんの若手・たくやくん。走りもキレがあり、チームをぐいぐいとひっぱります。

こう言うと何ですが…レースレポートがしにくいほどに、トラブルらしいトラブルがなかったこのチーム。順調に、そして確実に優勝を決めてくれました。
おめでとうございました!!

そして、番外編

この日のウラの主役は、何と言ってもこの方でしょう!

ショッカー!こと、池さん。交代を待つライダーも、サポートに来た人も、気づくと腕を挙げ「イィーーーッ!!」と叫んでいるのでした。

ニュートン近辺のマシンは知らぬ間に、次々と一味にさせられ…

衣装替えは数回にもわたり…、

気づけば、あっ、スタッフまで…。

これだけ会場を盛り上げながら、たった一人で6時間を走り切り、クラス8位 / 18台中、総合29位 / 50台中はお見事!

池さん!おかげで会場一丸となって楽しめましたよ!ありがとう!
イィ~~~ッ!!!


 

この日はこんな風に「ロクフェスティバル」という名にふさわしく、「お祭り」的で本当に楽しく、しかも色~んなドラマの生まれた6時間耐久レースでした。
ここに載せきれなかった皆さん、ごめんなさい!
そして選手の方はもちろん、応援の皆さん、スタッフの皆さん、暑い一日、本当にお疲れ様でした!

最後に…今年出られなかったアナタ!
来年はアナタの番ですよ!一緒に6時間耐久を楽しみましょう♪

☆画像提供:よっこんさん、ikeさん、 ※ありがとうございまいした!&ニュートン
☆文:ニュートンおかみん

☆載せきれなかったステキな画像がいっぱい!画像集はこちらから。ニュートン店頭でも公開中♪
 ※最新「よっこんさん編」は本日7時ごろにはアップロード完了予定です。