デュアルスポーツin小豆島レポ【2日目】

デュアルスポーツin小豆島レポ、つづきです。 

《林道でぷち試乗会》

2日目もいいお天気です!

 

今日はホンダCRF250FファンティックTF250を林道の中へ持込み、ぷち試乗会もやります!

てんちょは試乗用のCRF250Fに乗り…、

吉川選手には、てんちょのファンティックTF250に乗車してもらい…、

二人で先行出発します。
吉川選手と二人でらんでぶーだなんて!なんて豪華タイムなの?!

とハタからは思うのですが、

「試乗会の場所まで、無事にたどり着かねば・・・」

まだ慣らしも満足に終わっていない新車・CRFにまたがり、何とも言えないプレッシャーだったらしいです。
しかも「初中級コースにしましょうよ!」と吉川選手に向かって言い出せるわけもなく(笑)、上級コースを必死でついて走って

なんとか湖のほとりへ到着。

☆ここにはキモチのいい直線があります。

試乗会は順番待ちが出るほど、好評だったようです。

 ※2日目の林道内の様子などは、「てんちょのブログ」も見てみて下さいね。

《厳しい?2日目》

さて、この日、おかみんは「子守り当番」の為、てんちょとおかみんを除く残りのメンバーで出発です。

このDS小豆島は、1DAY参加の申し込みも出来るのですが、その場合は日曜日だけ走ることになります。
そのせいか例年、初日の「オリーブコース」より、日曜日の「太陽コース」のほうが、若干走りごたえがUP?した設定になっている気がします。
(あくまで参加者の感想です)

そんな中、なんと2日目には、こんなこともあったようです…

☆転倒というより…「座礁」?(この画像のみ、MさんのHPより)


それでも時間内に、ニュートンメンバーが次々と、無事にふるさと村へ帰ってきます!
「お疲れさまでした!!」

ゴール後のお楽しみは、もちろん「小豆島そうめん」!
毎年、一人前の量を「大盛り」にしてもらっているそうですが…

あっという間になくなります!

汗をかいて林道を走った後の、このそうめんがとっても美味しくて、
帰りにはついつい、「島の光」を買って帰ってしまうんですよね^^;。

《帰り道》

そうめんを食べ終わると急に「終わっちゃった・・・」気分になってきます。
テントをたたみ、荷物を片づけて、お土産を買ったら、名残は尽きませんが小豆島ふるさと村を後にします。

帰り道は、醤油の香りがプンプンする中、「マルキン醤油」さんで醤油ソフトを食べ、

16:20坂手港発のジャンボフェリーに乗り込みます。
中はDS小豆島帰りの人でいっぱいです。
夕焼けとともに明石海峡大橋をくぐる時は、撮影大会。

船内のうどんも、美味しい。

ふと見ると、このうどんを作ってはる売店の女性が、なんと船内放送も担当しておられました。
恐るべし、ジャンボフェリー!です。

19:30の予定が「潮流の加減で」30分遅れて神戸港に到着。その後はあちこちのトランポに手を振り・振り、
いよいよ後は帰るだけ。
日曜日のサザエさんを見終わったあとのような切ない気分に包まれながら、
それぞれ帰路につきました。

スタッフの皆さん、今回も下見・準備に何日もかけて用意して頂き、ありがとうございました!
今年ご一緒して下さった方々、楽しい2日間をありがとうございました。
そして今年参加できなかったアナタも!来年はきっと、小豆島で会いましょう~!

画像:ニュートン
文:おかみん

この記事を書いた人