東大阪のバイク販売店-モーターサイクルショップ・ニュートン

ワクワクする気持ちを大切にしたい モーターサイクルショップ・ニュートン TEL/FAX06-6746-9111 大阪府東大阪市楠根3-2-47

盆ツーレポ2日目:オン&オフ!


 

朝は恒例の全員写真をぱちり。

この撮影の後、ポツポツと雨が降り始めてしまいました。
2日目はロード組とオフ組に分かれて走行し、白馬村の宿でまた合流する予定で、
それぞれ出発!です。

ロード組 レポ

ロード組のメンバーは3名。
 ☆BBくん@テネレ660
 ☆スタッフ・ちょめ@ZR-7
 ☆スタッフ・うめ@FZS1000

 
小雨の中、カッパを着たり脱いだりしながら、約90Kmを走り、
安曇野広域農道にある『道の駅ほりがねの里』で昼食にします。

ここは遊休地を埋め尽くして咲く、菜の花やひまわりの景色が有名らしく、3台のバイクの後ろにも、
ひまわりが咲き乱れています。

お腹が落ち着いた後は、さらに30Kmほど進み、
長野県松本市と岐阜県高山市の間にある、R158安房峠を越え、県道327号を一気に上り、その行き止まりにある安曇野・中房(なかぶさ)温泉へ。

風情のある露天風呂がGood!お肌もツルっとなるキモチのいいお湯だったようです。
この先には車道がなく、登山道のみとなります。「行き止まりにある」っていうのが、なんだか風情がありますね。
キャンプ場もあり、バックにそびえる燕岳などの登山のベースキャンプにもなっているそうですよ。

さて、温泉で雨とか汗とかをさっぱり流した後は、さらに40Kmあまりを走り、2日目の宿・長野県白馬村のやまわ旅館へ6:00頃、到着したのでした。

 

オフ組レポ

さて、いっぽうのオフ組のメンバーは6名。

 ☆ひゃくちゃん@CRF250L ※家族サービス後、今朝大阪を出て到着!
 ☆Dまおー@テネレ ※先導!
 ☆W美くん@WR250R ※夕方まで目いっぱい走って、大阪へ帰る予定。
 ☆M崎さん@アフリカツイン
 ☆F田さん@KDX220
 ☆おかみん@KLX125

今年は初めて、おかみんが「オフ組」に参加しましたが、
おかげでこの日は、何かと移動に時間がかかり、申し訳ありませんでした(_ _;。

まずは昔の人はここを歩いて山を越えた!という中山道へ。
でも目指した林道は遊歩道になっており、車両通行禁止の為、
もういっぽうの道へ。

その後、入笠山周辺へ移動します。

何しろ移動距離が長いので、時間が貴重。気合い満点の爆走です。
私(おかみん)はもう、付いてい行くのに必死です!

そして打ち付ける雨。休憩はガソリン給油もしくは「カッパ着脱」の時、のみ!!

入笠山へ着くと、3本の林道を走りました。

1本目は黒河内(くろこうち)林道。
基本的にじゃりじゃり道です。が、時々じゃりが深いスリル付き。とても楽しい林道でした。
・・・が、激しいがけ崩れで道がふさがっており、残念ながらUターン。

2本目は名前が分からないのですが、延々と17Km続くフラットダート。
時々現れる「木を切って積んである」ゾーンでは、木のとってもいいにおいがして、思い切り吸い込みながら走ります。

フラットで道幅もあるし、とっても楽しかったのですが、
降り続く雨で、赤土が次第に「じゅくじゅく」になってきます!

ひゃくちゃん、W美くんと、そしてワタシがツルっと滑って、ズシャーッ!と転びました。
・・・みんな仲良く、2回ずつ(笑)!

ひゃくちゃん達と離れて走っていたので、他のメンバーの画像が少なくてすみません。
これ↓は、手や胸を激しく打ってバイクを起こす元気もない、1回目転倒の写真です。
とにかく痛かった…。
こんなに小さいマシンなのに、起こしてもらう始末^^;。

この林道を出たところで、大阪へ帰るW美くんとお別れ。気をつけて帰ってね!

 

3本目は短い目でしたが、割った瓦を敷き詰めたような、不思議な林道でした。

時々激しく降る雨でずぶぬれになり、地球と仲良くしてウェア全面をドロ色に変えます。
それでもその姿のまま、スーパーで買い出し!
喫茶店の中から知らないお爺さんが眉間にしわをよせ、私たちを指差しているのでした…すみませんね^^;。

やっと宿に着いたのは7:30。もうあたりは真っ暗になっていました。

 

皆を待たせていたのに、「ごはん前にお風呂に入る」オフ組な人たち^^;。
私はお風呂はがまんしましたが、ウェアを脱いだら砂がザーッ。靴下を脱いでも、ザーッ(笑)。
先にお風呂に入りたいのも・・・分かる気がします。

それにしても、くたくたになった後のビールは最高!


とにかく走行距離の長い、走りづめな一日でしたが、心地よい疲れで、またまた夜は更けて行くのでした。

 

・・・そして実は!

 

この日の夕方、林道の出口で分かれ、大阪へ向かっているはずのW美くんを、
とんでもない事件が襲っていたのです。

つづく